Q36.5 ブランドロゴ
Q36.5創始者(元ASSOS研究開発トップ)
ルイージ・ベルガモ

My History

『ヴェローチェ・クラブ・ ボルツァーノ』チームのメンバーだった

1980年代前半、冬のトレーニングの時のこと。

冬用のサイクルウエアを着用することにより、

理想よりも5kgも重い状態であるにもかかわらず、

とても滑らかにペダリングをする何人かの“火星人”を見ました。

Luigi Bergamo ルイージ・ベルガモ

Q36.5 立ち上げへの歴史と想い

私は20年以上の歳月を経て、多くの協力者と共に、世界中の最高品質として知られるサイクルウェアメーカーで研究し、それらの設計に携わってきました。

私は、『ヴェローチェ・クラブ・ ボルツァーノ』チームのメンバーだった1980年代前半、冬のトレーニング時のこと、冬用のサイクルウェアを着用することにより、理想よりも5kgも重い状態であるにもかかわらず、とても滑らかにペダリングをする何人かの“火星人”を見ました。彼らの精密検査をした結果、“火星人”とはもちろん本物の“火星人”ではなく、当時、『最高品質』といわれるサイクルウェアを着用した頑強なサイクリスト達だったのです。

その時、私はサイクルウェアにおいて重要な事は、軽量で高性能な生地、身体構造を考慮した体の動作を容易にする裁断だと考え、そのためにはシンプルなデザインが必要である事を感じました。これらの経験から数年後、私はシンプルで且つ理想的なデザインのサイクルウェアを創造すること、サイクリストが必要とする機能を追い求める事に専念し、そして一つ一つ形にしていくこととなります。

私は、世界中の最先端の生地製造元から、数え切れないほどの生地サンプルを取り寄せました。買い集めた高品質なサイクルウェアは通算300種類以上に上ります。そして今現在に至るまで研究を重ね、その多くの経験やノウハウを活かし、ついに『Q36.5』は生まれました。 

そんな、『Q36.5』の核とも言える、工房『Quaerere et Explicatio』(ラテン語で研究とデザイン)は、世界最先端の生地生産技術と、高性能、高品質なサイクルウェアのデザインについての研究を日々行っています。この工房でデザインされたサイクルウェア『Q36.5』は、シンプルに革新を続ける“結果”です。私たちは今までにない革新的な新たなデザインのサイクルウェアを創造しています。これからも、その歩みを止めることはありません。

『Q36.5』の製品は、最先端の生地、動きを制限することのない構造、密着感のある着心地など、今までのサイクルウエアと違う唯一の新しい感覚を皆様にお届けします。視覚的には分かりにくいですが、使用すれば肌で感じていただける、これこそが、ブランド『Q36.5』の真の特徴です。

 

Q36.5代表  Luigi Bergamo  ルイージ ベルガモ