DiPell バーテープの巻き付け方法

DiPellレザーハンドルバーテープは、デュアルテーパーインターロッキングシステムを利用することにより、

最高になめらかな仕上がりになりました。テーパーの一つは長く薄く、一つは短くカールしています。

 

巻き付けを開始する前に、テープの下側を見て粘着テープ、長く薄いテーパー、短くカールしたテーパーがあることを確認してください。巻き付けを上手く完成させるためによくお読みください。

①巻き付けを開始する前に、ドロップバーにほこりや油がついていないこと、ブレーキケーブルがしっかり固定されていることを確認してください。

【メモ】DiPellレザーバーテープはゲルパディング上に巻きつけることもできます。

 

 

 

 

 

 

 


②巻き付けを開始する前に、ラバーでできたブレーキレバーカバーを持ち上げ、付属のレバーテープをブレーキレバーブラケットに被せます。必要な大きさにカットしてください(写真参照

 


③短いカールしたテーパーをバーエンドから遠ざけるようにして、テープの端をバーエンドの下側に貼り付けます。810mmほど余分に残すようにしてください。(写真参照)

 


バー周りに一周巻き付け、同じく810mm余分に残し、常にバイクフレームに向かって巻き付けるようにしてください。ハンドルバーの左側では時計回りに、右側では反時計回りに巻いてください。(写真参照)

 


⑤短いカールしたテーパーが常に長く薄いテーパーに被さるように巻き付けてください。(写真参照)


⑥ブレーキレバーまで巻き付けたら、両方のブレーキレバーテープ上に被せて、そのまま端まで同じ方向にラッピングを続けてください。(写真参照)

 


⑦端を少し超えるくらいまで巻き付け、テープの終点をバー回りにペンでマークを付けます。(写真参照)


⑧何周か巻き戻し、マークを付けたところでテープを切断します。直線になるようにしてください。(写真参照)


⑨巻き戻したテープを再び巻き付けてください。(写真参照)


⑩レザーテープを固定するようにビニールの仕上げテープを(ライダー方向に)巻き付けてください。(写真参照)


⑪ハンドルバーエンドでは、余分なテープをバーエンドの内側に入れ込み、DiPellエンドプラグを取り付けます。(写真参照)


⑫もう一方のハンドルバーにも同じ作業を施してください。