日本プロチームのウェアサポートがQ36.5に決定

2017年10月14日(土)、伊豆ヴェロドローム、「Track Party 2017」にてレースを行った、脇本雄太選手、渡邉一成選手、前田佳代乃選手

Q36.5のNEWドラッグゼロスキンスーツを使用した、オリンピックライダーで構成されるJPC(Japan Professional Cyclist)。ケイリンアジアチャンピオン脇本雄太選手(右)、北京・リオ五輪日本代表の渡邉一成選手(左)、スプリント日本チャンピオンの前田佳代乃選手(中)ら。

 

 

2017年、世界中に多くのウェアブランドが存在する中、日本のUCIトラックチーム、JPC(ジャパン・プロフェッショナル・サイクリング)チームは、その中からQ36.5をウェアサポートパートナーに選びました。

 

 

 

Q36.5GMであり、ハイパフォーマンスウェアの分野で20年以上の経験を持つ大ベテランのルイージ・ベルガモは、『世界一の技術と経験』のもと、JCPチームの勝利に最適なサイクルウェアを開発し、サポートしています。

 

 

 

Q36.5の卓越されたウェアは、2013年、ASSOS社の元開発トップであった、ルイージ・ベルガモ氏により、2012年のロンドンオリンピックの代表選手の為に開発されたものです。そのロンドンオリンピックにおいて、その『特別な』ウェアを纏った選手たちは、自転車に限らず、様々な競技で数十個のメダルを獲得しました。

 

現在JPCトラックチームは、Q36.5ジャージ、ビブショーツ、Drag Zero Skinsuitsなど、最新のQ36.5 Absolutely Equipmentアイテムで、トレーニングやレースを行っています。

 

そのJPCトラックチームのお披露目となる、10月14日(土)、伊豆ヴェロドロームで開催されたイベント、「Track Party 2017」で、ケイリンアジアチャンピオン脇本雄太選手、北京、リオ五輪日本代表の渡邉一成選手、スプリント日本チャンピオンの前田佳代乃選手らが、Q36.5のウェア着用でレースを行いました。

写真はBICYCLE CLUB の記事より。